So-net無料ブログ作成
検索選択
中国語 ブログトップ

動画で分かった有気音・無気音 [中国語]

どうにも有気音のコツがわからず、動画を検索してみたら、よくわかった。

実は、日本語にも無意識に有気音と無気音の違いはあったのだ

パスポートこれをピンインでかくとpasu bo-do(?)となる。 中国語に濁音はないので、ピンインは便宜的に無気音を表すためにb、dを使っている。もっともテレビ中国会話にでいていた、卓球の愛ちゃんの発音は完全に、日本語の濁音で無気音を発音していると思う(笑)。

だが、決して無気音は濁音じゃないよね。ドラマを見ていても、カタカナ的にはどちらも「パ」です。 つまり、PAもBAもカタカナで書くとしたら「パ」と書くしかない。

この動画を見て、よくわかったのですが、確かにパスポートを日本語でpasupo-doとは言えません。つまり、日本人は無意識に使いわけているわけです。この違いがわかれば、発音するのは容易ですね。

一方、聞き取りのほうが少し難しいかも。今話題の将棋ソフトですが、ふつうに聞いていたら日本人の私でも「ポ」ナンザが「ボ」ナンザに聞こえることありますよ(笑)。もっとも、現在では「ボ」ナンザはほぼ死語ななので、全部「ポ」ナンザのことだとは思いますがね。

それと、将棋中継でお「金と銀=キンとギン」の発音はよく聞き取れません。よく、おいおいどこにキンがあるねん!・・・と思っているとギンのことだったりしますよ。日本人だって、日本語を正確に発音しているとは限らないし、正確に聞き取っているとは思わないがなあ~。

だが、中国語では、無気音と有気音は、100%聞き分けるというけど、ほんとかね? 

スポーツ のポは無気音=BO(p+オが同時)

ポーズをとる のポは有気音=PO (p+息+オ)

日本では、発音の違いが意味の違いにならないので、意識していない。だが、濁音と半濁音、清音では意味が違うから、意識する。カシとガシ、ババとパパ。 

たったこれだけ~ というときの最初のた=TA 後のた=DA。 

高い は たGAい

固い  は かTAい


中国語 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。