So-net無料ブログ作成
検索選択

進撃のジャパンカップ [マンガ]

第33回ジャパンカップ。グレード制創設30周年にあたる。昭和59年初めて国内限定のGⅠとして実施されたのが第4回ジャパンカップ。それ以前の3年間はグレードのつかない重賞として実施された。

・・・ということは、すでに30年前からグレードをつけるには3年間の実績が必要ということが分かっていたということだ。第1回から第3回まで外国馬を出走させることで今でいう国際レーティング保持馬の参加実績を工作した。

さて、今回はHP上でマンガ・アニメ進撃の巨人とタイアップしている。ちょっとグロイ漫画ですが、こんなの初めて見ましたね。これがサインならば、なにか巨人に関連したものがヒントになるか?

先に発表された平成26年度番組概要をみると、「すでに当初の目的は達成した」 との理由で、外国での競争に出走する厩舎関係者への報奨金・助成金の交付が打ち切られることになりました。またダートのジャパンカップも来年からは国際招待競走を廃止して正規のGⅠとなります(ただし、本家の芝のジャパンカップは国際招待競走のまま)。その上、ジャパンカップ・ダートは突如チャンピオンズカップに名称変更するとのこと。

ジャパンカップは国際招待競走といういわばエキシビジョンマッチ。ファン投票レースである宝塚記念・有馬記念と同じく中央競馬会が出走馬を決めるという闇レース。これまでの歴史をみても勝つのは玉のない馬が多い。要するにクラシックとは無縁の馬が主体であるといえる。牝馬や騸馬が勝つのはこのレースが単なる賞金獲得レースということであろう。つまり種牡馬選定という競馬の王道レースとは対極の位置にあるレースである。

ただし、クラシック馬が全く来なかったということではなく、三冠馬のシンボリルドルフ、ディープインパクトダービー馬のジャングルポケット、ウオッカ(牝)が勝っている。だが、これらはあくまでも例外、ダミー、アリバイ工作といったところだろう。

 

 

 


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

ジョジョリオンおもしろいぜ! [マンガ]

第7シリーズのスティールボールランは最初だけちょっと読んだけど、その後読んでいませんでしたのでどんな流れになっているのか解りません。

第8シリーズ、ジョジョリオンは東方仗助の第4部(ダイヤモンドは砕けないシリーズ)と同じ町の名前、同じ名前の登場人物が出ますが全く関係ないという設定です。(・・・と第1巻の表紙に作者がコメントしていた)

ただ、第7部の血統表が出てくるので、もしかしたら第7部と繋がった話なのかもしれない。まあ、いまだに主人公自体の名前も正体も不明なのでよくわかりませんが・・・。今わかっているのはなぜか主人公がタマを4つ持っている!という異様なことだけ。しかも自身の生い立ちに関する記憶を失っている。だけど、日常生活やその他知識はあるし、スタンドに戦闘能力も使いこなしていますけどね。

まあ、とにかく面白い!ただ(戦闘シーンなどの)絵はわかりづらいし、なんか昔に比べてヘタクソになったような気もするけど、これはアニメを見慣れたせいかもしれないなぁ~。

 


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ジョジョジョぉ~! [マンガ]

新アッタクNo.1のコミックを買いに本屋にいきましたが、見事にありませんでした!

ブックオフにも影も形もなし。蔦谷のコミックの棚を久しぶりに見たら、なんとジョジョの第8シリーズがでていて驚きました。ジョジョシリーズはもうとっくにおわっていると思っていたので・・・。

タイトルジョジョリオン。ジョジョジョぉ~と驚いたのなんの。雲南ではメー!、メー!というそうです。CSではちょうど今、平日毎日ジョジョの第2シリーズ=激闘潮流編のアニメをやっているのでジョジョ熱が再燃しています。この12月には第3シーズン(承太郎シリーズ)スターダスト・クルセイダース編がアニメ化されるそうです。(以前のアニメとは別物です)

ジョジョのシリーズも多くなったので、あとからシリーズごとにタイトルが付けられたようですね。

さて、このジョジョリオン。第一巻を読んだ限り、主人自体が記憶を無くしているので名前がわかりません。舞台は日本の東北の架空のまち。震災の影響をうけて陸地の一部が異様に隆起しているところから始まります。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ガラスの仮面第49巻 [マンガ]

向かいのツタヤにいったらありました。昨年の9月に出ていたようです。

なんか今さっき読んだのですが、あっという間に終わってしまいました。なんか、内容も薄っぺらになってきたような気がしますねぇ~。ようやく、(紅天女の)試演が始まりそうですが、どうなることやら。

なお、今回は月影先生がめずらしくいい仕事をしましたね。てっきり、冷たく突き放すかと思ったのですが・・・。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ちはやぶる③ [マンガ]

ちはやふる神代も聞かず竜田川  唐紅に水くくるとは  (在原業平)

ちはやふる かみよもきかず たつたがわ からくれないゐに みずくくるとは

意味)

人気大関(当時は横綱はない)の竜田川が花魁の千早にフラれてしまい、妹の神代も言うことを聞いてくれない。それがショックで力士を廃業した竜田川が後年、女乞食にであう。彼女はなんと往年の千早であった。怒った竜田川は、あげようとしたオカラを放り投げ、彼女を突き飛ばし、千早は井戸に飛び込んで自殺する。

で、最後の『とは』・・・とは何なのかというと、千早太夫の本名が『とわ』であった。

お後がよろしいようで・・・。

さて、歴史のお勉強は一段落して、ようやく第一巻を読み始めた。(作者・末次由紀

まず主人公の妹が千早と和歌のまんま。では、主人公の名前は神代なのか?それだと、姉妹が逆だが・・・。と思っていたら、冒頭は6年前の回想シーンで、お姉ちゃんが出たのは、美少女コンテストで、カルタ大会ではなかったのねぇ~。[ふらふら]

ということで、千早が主人公(ヒロイン)でした。綾瀬千早。もしかして、作者は綾瀬市(神奈川県)出身か?まあ俺なら、男子生徒の名前に真人(まひと)なんてのも登場させるがね。[わーい(嬉しい顔)]残念ながら、彼氏の名前は綿谷新(あらた)というありふれた名前だった。

で、最後まで謎の美女・お姉さんの名前は無いのかと思っていたら・・・巻末で漸く登場。

千歳でした。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

のだめ(劇画編) [マンガ]

ブームが去ったせいか、本屋にいってもちょっと見当たらない『のだめカンタービレ』。ちょっと前までは店頭に平積みされていたような印象があったのですが・・・。

連載誌も発行所も知らないので、探しても見つけることができませんでした。今日は、買い物のついでに、ブック・オフでも探してもみたのですが、なかなか見つけることができませんでした。

まずは、大人コミックコーナーを一通り探してみました。大人コミックというジャンルには笑ってしまいましたね。ジャンプやマガジンのような少年誌以外のものってことでしょうね。先日サイトで調べた時、『のだめ』は多分に女性誌っぽい雑誌に連載ということが書かれていたので、探すのは苦戦するだうろなぁと覚悟していました。女性誌はなじみがないし、何種類もあるでしょうからね。

結局、コミックコーナーを一通り探しても見つからなくて、あきらめて帰りがけたとき、なんと講談社コミックのコーナーで発見!なんだ講談社かよ・・・!講談社といえば、少年マガジンだろう・・・という先入観があったので、ノーマークでしたね。

『のだめ』は講談社の女性誌『Kiss』という雑誌に連載されたいたんですね。

女性誌といえば月刊ASUKA(角川書店)では彩雲国物語、エンターブレイン社のコミックビームではエマ・英国恋物語なんてのが私の知っている数少ない作品。あとは、もちろんガラスの仮面の花とゆめ有名ですね。


ガラスの仮面第46巻~ふたりの阿古夜(5) [マンガ]

奇跡の連続出版の予告がありましたが、半分は信じていませんでした。

しかし、ちゃんと10月末に発売されていましたね。真澄(ますみ)がマヤの紫のバラの人だと気がついた紫織さん。マヤへの嫉妬の炎が燃え上がります。紫織さんの姦計に、マヤに本気でいかりをぶつけた真澄。おいおい、もうちょっと冷静に考えろよ!

45巻に比べると、ちょっと中身が薄かったような気がします。

紅天女を演じるためのテーマ『魂のかたわれ』・・・を掴むことと、マヤ・真澄の恋が完全にダブってきましたね。先の見えないラストがおぼろげながら見えてきました。未だにわけがわからない、ドラマLOSTとはえらい違いですなぁ~。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ガラスの仮面第45巻 [マンガ]

期待していませんでしたが、いつのまにか出ていました。最近は、連載の立ち読みもしていなかったのですが、今回はかなりの急展開でした。紅天女の芝居の中身が、かなり具体的になってきましたね。美内先生の連載が、阪神タイガースのように失速しないことを願うのみです。

ガラスの仮面 45 (花とゆめCOMICS)

 


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

彩雲国だより [マンガ]

彩雲国物語コミック・第五巻 絵・由羅カイリ(原作・雪乃紗衣)

1月26日発売予定

(内容)影月登場。原作の第六巻(番外編)『朱に交われば紅』のコミック化。

連載が月刊ASUKAに変わります!

今までは、月刊アスカ増刊『ビーンズエース』連載(発売日は偶数月の10日)でしたが、11月号で廃刊となり、『彩雲国物語』は来年1月24日発売の月刊ASUKA3月号より連載再開!(表紙・巻頭カラー

12月1日原作(小説)最新刊発売!第19巻『暗き黄昏の宮』

~物語はいよいよ最終章へ?!

番外編を除いた本編の第15弾だそうですが、いよいよ最終章突入・・・だそうです。

このほか、小説の外伝がライトノベル誌のザ・スニーカー(偶数月30日発売)増刊号『ザ・ビーンズ』で不定期連載のよう。

しかし・・・

このライトノベルの定期雑誌って本屋のどのコーナーに置いてあるのでしょうか?今日、蔦屋を見回しましたが発見できませんでした。少女雑誌のあたりに置いてあると助かるのですが・・・。まさか官能小説の隣にはないですよね。見たことないのですが、おそらく表紙は少女マンガ風になっていると思うのですが、大きさはどうなんでしょう?花とゆめサイズなのか、あるいは文庫本サイズなのか?

蔦屋の店員さんに聞いたら、まるで覚えてませんでした。しかも、『(ザ・スニーカーは)最近は入荷していないですねぇ・・・』というありさま。

コンビニあたりの方が置いてあるのでしょうか?


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

彩雲国を求めて [マンガ]

今、BS・NHKで再放送中の原作、雪乃紗衣(ゆきのさい)、絵、由羅カイリ

文庫本(角川ビーンズ文庫)は20冊近く出ていると思いますが、こちらはストーリーが複雑で登場人物も覚えられなくて、しかも、けっこう読みづらい文章なもんで、どうしてもアニメや漫画に走りたくなります。

コミック版(第1~3巻)を読んで、ようやく主要人物とおおまかなストーリーが分かったしだい。で、つづきのコミックを読みたくて探したのですが、ブックオフにも蔦屋にも紀伊国屋にもない!だいたい分類は、少年ものなのか?少女ものなのか?アダルト者かガキンチョものか?

だいたいどこの出版社かわかない!

検索したら、角川書店なんですね。オモ!角川にコミックなんてあったのか?!と今さら気づいた次第。でも角川コミックスなんて聞いたこと無い。

実際の本は、ASUKA・COMICS(アスカ・コミックス)となっていますね。なんでアスカなんだ???

先日、たまたまガラスの仮面を読もうと思い、少女誌コーナーを覗いたら、なんと彩雲国物語の連載を発見!

オモ!連載中なんですか!!

連載誌はビーンズエース(角川書店)。うーん、初耳じゃ。英国恋物語エマはたしか、エンターブレイン社のビームコミック(コミックビーム?)だったが、ネーミングが紛らわしいのう~。しかも、月間Asukaz(アスカ)増刊号とある。なんじゃぁ?アスカかビーンズかはっきりせいっ!!

で、結局、蔦屋のコミックレンタル部門(今、そんなもんがあるんですねぇ・・・驚)にいったら、なんと彩雲国物語の第4巻がありました。これはおもわぬ拾い物でした。[わーい(嬉しい顔)]

でも、本誌ビーンズエースへの連載が奇数月しかなくて、第5巻はまだまだ出ない様子(早くて年末か?)。これも、ガラスの仮面並みの遅作になりそうです。トホホ・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

因みに、今日行ったら、ガラスの仮面(花とゆめ増刊号12月)が出ていました。一応、これで3回連続連載で記録達成か?(いつ、連載が途切れるか不安)


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。