So-net無料ブログ作成
F1gランプリ ブログトップ

その時、マッサが止まった! [F1gランプリ]

ハンガリーグランプリ

予選3位で、圧倒的に不利だった、フェラーリのマッサ(ブラジル)が最高のスタートを決めてアウトからポールのハミルトン(マクラーレン・メルセデス)を抜き去った。この場面も、この10年で最高の見せ場だったかもしれませんが・・・・

途中3秒、4秒と差を広げたところで、なんと2番手の強敵ハミルトンがぁ~

パンク!!(左前タイヤ)

その後、二度目のピットインを終了し、残り三週、楽勝というところで・・・

今週のその時がやってまいりました。

マッサ、エンジンブローぉぉおっぉっぉ~!

歴史的な瞬間に立ち会えたことは、この上ない幸運だったかもしれない・・・

しかし、これでマッサはポイントリーダーをとり逃し、3位(54点)になってしまった。逆にハミルトンは、パンクしながらも5位に入り、ポイントリーダーに浮上。(62点)なお、二位はフェラーリの先輩、ライコネン(57点)


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

フェラーリ復活? [F1gランプリ]

前回の開幕戦オーストラリアGPでは、まったくいいとこなし、2台ともリタイア?だったようなフェラーリ。(ハミルトンが独走で、途中で見るのをやめてしまいました。)

第二戦のマレーシアの予選が今日、行われ、マシンを仕上げてきたフェラーリが、がんばって

マッサがポールポジション、二番手もライコネンが入りました。解説によると、ライコネンは相当燃料を積んだうえでの二番手であり、もしかしてワンストップかもしれません。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

キミ・ライコネン総合優勝 [F1gランプリ]

今回も、悪いことと知りながら、ハミルトンに呪いをかけてしまいました。(黒人差別の心の狭い人間です。反省。)

しかし、まさか、本当にギアが入らなくなるとは!

思わず、ヤッター!と叫んでしまいました。しかし、大幅な遅れにもかかわらず、リタイアせずに盛り返すという不思議。最終的に7位に入選。本当に、冷や汗ものでした。

それにしても、まるで、仕組まれたかのような前回のリタイア+今回のトラブル。図ったような7着入選で、ポイントはアロンソと同点(109ポイント)。でも、若いので今後、何度もチャンスがあるでしょうから、今回は我慢してほしいものです。むしろルーキーで、この成績なら大デキ。

結果的に因縁の両者(アロンソ、ハミルトン)同点で、めでたし、めでたし。(の痛み分け)

ライコネンはマッサの好アシストもあり、見事優勝で最多の今年6勝目。皇帝シューマッハ引退により、フェラーリは新たにライコネンとマッサの二人のドライバーを起用。

今年はそのフェラーリが復活するとともに、マクラーレンも躍進。トップ4といわれるライコネン、マッサ、アロンソ、ハミルトンが四つ巴の戦いを展開して、史上最高の面白い展開でした。

来年は、この4人のうち誰が、抜け出すか?興味津々。

でも、チーム内で孤立無援のアロンソはどこかへ移籍するのが濃厚なので、チャンピォン争いは難しいか?


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

エフワンの見方 [F1gランプリ]

エフワンの入門書を読んだ。

エフワンの進化

私たちが子供の頃のプラモデルは葉巻型のボディに車輪がついているダサいものだったが、現在のボディは素敵なカーブでとんがっていてカッコイイ。もっとも細かい規格が規定されているのでどの会社の車も同じような形をしている。

複雑な予選のシステム(しかも毎年、変更されたりする)

中継を見ていると、解説陣がやたらわけのわかんないカタかなを振りまわすだけで、初心者用の説明はほとんどしてくれない。きっと、予選システムを知らない人も多いのではないかと思う。TVでやっている最終予選のQ1、Q2、Q3というのは一体なんなのか?ずっと不思議に思っていた。

まずQ1というのは全車(22台くらいか)で行い、下位の6台が脱落し順位確定。Q2、Q3でも同様ということとやっと分かりました。なるほど、すると佐藤琢磨とかはいつも最下位に近いから、Q1で脱落していたんですね。

ダウンフォース

毎度、よく聞く言葉ですがいまひとつピンとこなかった用語。単純に下向き(重力方向)に働く力のことだそうです。つまりカーブなどでは、この下向きの力がないと曲がりきれないわけですね。なお、理論的にはトンネルの天井を走ることも可能というから驚き。(3~4Gがかかるという。実際にやったらルパンかマッハゴーの世界)

燃料と燃費

基本的には普通車と同じ無鉛ガソリンというから驚き。但し、特殊ブレンドなので

リッター3000円ぐらいという。そして燃費は

1.2キロメートル/ℓぐらいとのこと。一周5キロぐらいのコースを60周ぐらい走るので合計で300リッターぐらい必要。ということはツーストップ(一回で5~8秒ぐらい)として、一回の給油で100リッターくらいが注入されているわけですね。

年俸

なんと啼かず飛ばずのラルフ(シューマッハ弟)が一番の高額年俸。腕がよいのか、それともほかの理由があるのかは不明!?

昨年チャンピオンのアロンソがなぜ、今年ルノーではなくマクラーレンなのか、不思議に思っている人も多いと思うが、やはり年俸が相当安かったそうです。

ドライバー

ライコネン(フェラーリ)とアロンソ(マクラーレン)が調子を上げてきた。前半は振るわなかったが、理由はどうやらチーム変更によるマシンへの適応に時間がかかるためらしい。ドライバーの実力としてはマッサやあの黒人(名前忘れた)よりも上なんでしょうか?

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

F1シロウトの疑問にお答えを! [F1gランプリ]

去年から、CSフジでF1を見ている。最初の周とスタートが好きだ。何かアクシデントがおこるのではという期待感からだ。
昔『グランプリの鷹』というアニメをみていた。(ニキ・ラウダのような人がニック・ラムダという名前で主人公・鷹をアシストする)
ところで、昨年あれだけの圧倒的強さを誇ったフェラーリ(M・シューマハ)が弱い。なぜなんだろう?
だれか、理由を知っている人がいたら、どうか教えてください。
最近、解説の川合ちゃんがうるさい。もともとうるさいのだが。ちょっと、いい気になってませんか?
ファンのみなさんのご意見はいかがでしょうか?(特に詳しい方のご意見をばお願いします)
F1のギアって今はハンドル付近のボタンで操作してるんですよね?違ったら、教えてください。
昔は、いちいちスロットルを握っていたのでしょうか?オートマのF1マシンってないのかな?子供のころF1のギアって20段ぐらいあるって覚えたのですが、テレビのオンボード映像だと7段ぐらいのようですね。


F1gランプリ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。