So-net無料ブログ作成
検索選択

海上保安庁は大丈夫か? [歴史]

尖閣諸島を巡って、右翼かぶれの政治家がさかんに地上派・BSに汚い顔を登場させている。

そういう御仁は、北方領土にいって、ロシアに軍艦に体当たりするぐらいのことをしてから、いっぱしの口をきくべきだと思うがいかかだろうか・・・?また、自衛隊を駐屯させろ!なんていっているバカがいたけど、その前に、自分で暮らしたみらどうだ?

ほとんど岩としかいえないような小島をめぐっての問題。領土?というのもおこがましいような島?だが、歴史的には、日本の領土でなくて琉球王国の領土のようだ。敗戦により、アメリカ領土となったが、アメリカはまさかこんな岩が領土だと思ってなかったらしく、実際にはその後、台湾の領土になっていたらしい。

まあ、要するに、中国・朝鮮・韓国がとにかく嫌い!という感情的なものと、その手の勢力から突き上げをくらって発言せざるをえないせこい連中なんだろうな。

中国側の船がジグザグ運転をしてぶつかってきたというが、実際には自動操舵だったと聞いた。自動操舵にジグザグコースなんてのがあるのかどうかは知らないが、くだんの船長は中国じゃヒーロー気取りのようだ。安倍晋三とか小池百合子もボートに乗って、ロシア巡視船につっこんでいく勇気はないのかねぇ~。首相候補になるのはそれからだろう?もっとも、軍艦を改造した?35ノットモもだせる、日本の巡視船がぶつけられること自体、問題なんじゃない?もしかして、わざとぶつけたのかも?・・・という疑惑まで浮上するよな。

パックインジャーナルできいた話だが、日本の海上保安庁も中国側の漁船に体当たりした前科があるんだってね。(笑)検察捏造事件と同じで、保安庁はごまかそうとしたけど、あちらさんの船の客がビデオにとっていて、ぶつけたのが日本側だと判明して、大事件になったそうだ。ところが、この手の話は日本のマスコミでは全く報道されなかった。その後、賠償金を払ったらしいけど、保安庁側の責任者(船長)が結局、出世のためにウソの報告を上げ、さらには組織防衛に走ったわけだから、今回の検察事件と同じ事件といえる。こんな連中に、領土保全をまかしていること自体が国益の損失だと思うよなぁ~。とにかく、失態を演じると、とにかくウソで自己保身をはかる非国民職員(隊員)が増えているというから世も末だぜ。

日本をこんな三流国家にした自民党の腐った政治家が、でかい口をきける立場じゃねえよなぁ~。まあ、自民党はアメリカの工作でつくられた政党だから、中国工作船といい勝負か?

尖閣諸島、地図で見るとほとんどこれは台湾だろう!ってふうにしか見えないけど、いつのまにか中国領になっているですなぁ~。(中国はそう主張している)

結局、領土争いなんてやめて、漁業交渉して仲良くやればいいのになぁ~と思うんだけど、やはり利益がでかくて譲れないんでしょうなぁ~。漁民は生活がかかっているからなあ。

 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。